[:ja]

インタラクショングループでは,「人とコンピュータ」,「人とエージェント」,「人とロボット」といった,人と情報科学の融合による新しい情報環境の構築を目指し研究を行なっています.具体的には,ユビキタス環境の進展に伴い,今後益々重要となるヒューマンエージェントインタラクション(HAI)やヒューマンロボットインタラクション(HRI)といった知的システムと人間の複雑系相互作用の仕組みを科学的に探求するとともに,そこで用いられるエージェントシステムやロボットシステム,インタラクティブ情報環境をソフトウェアおよびハードウェアシステムの両面から研究しています.その他にも,認知心理学をベースにした人とコンピュータのためのインタフェースに関する研究など,幅広い研究活動を行なっています.

情報処理の多くは膨大な数の要素(ビット,画素,エージェント,etc)が複雑に絡み合った多体問題です.それらの問題のいくつかは既に数学に基づき体系化され,各問題に特化した処理アルゴリズムが提案され,その性能が評価されています.しかし,問題が大規模化,複雑化するにつれ,要素間の強い相関をまともに取り扱わなければならなくなるに伴って,数学的に厳密な方法のみで問題にアプローチすることが極めて困難な状況が生じてきています. 本研究グループでは,これらの問題に対して情報分野ではどちらかというと新しい統計力学によるアプローチにより,情報科学/工学,あるいは経済など社会科学の諸問題にやや異なる視点から取り組み,情報処理の物理学に関する方法論を提案/確立し,それを数理物理的にも深化させることを大きな目標としています.

[:en]

インタラクショングループでは,「人とコンピュータ」,「人とエージェント」,「人とロボット」といった,人と情報科学の融合による新しい情報環境の構築を目指し研究を行なっています.具体的には,ユビキタス環境の進展に伴い,今後益々重要となるヒューマンエージェントインタラクション(HAI)やヒューマンロボットインタラクション(HRI)といった知的システムと人間の複雑系相互作用の仕組みを科学的に探求するとともに,そこで用いられるエージェントシステムやロボットシステム,インタラクティブ情報環境をソフトウェアおよびハードウェアシステムの両面から研究しています.その他にも,認知心理学をベースにした人とコンピュータのためのインタフェースに関する研究など,幅広い研究活動を行なっています.

情報処理の多くは膨大な数の要素(ビット,画素,エージェント,etc)が複雑に絡み合った多体問題です.それらの問題のいくつかは既に数学に基づき体系化され,各問題に特化した処理アルゴリズムが提案され,その性能が評価されています.しかし,問題が大規模化,複雑化するにつれ,要素間の強い相関をまともに取り扱わなければならなくなるに伴って,数学的に厳密な方法のみで問題にアプローチすることが極めて困難な状況が生じてきています. 本研究グループでは,これらの問題に対して情報分野ではどちらかというと新しい統計力学によるアプローチにより,情報科学/工学,あるいは経済など社会科学の諸問題にやや異なる視点から取り組み,情報処理の物理学に関する方法論を提案/確立し,それを数理物理的にも深化させることを大きな目標としています.

[:]