Kazuki Mizumaru

自己紹介

2015年,苫小牧工業高等専門学校卒業.同年,北海道大学工学部3年次編入学.2016年,ヒューマンコンピュータインタラクション研究室所属.2018年,北海道大学工学部情報エレクトロニクス学科情報理工学コース卒業.同年,同大学大学院情報科学研究科進学.ロボットと人との関わりについて研究. 2019年5月,コミュニケーションロボットのアプリケーション開発を中心に行う会社を設立.同社代表取締役に就任.

経歴

2011(平成23)年3月 日高町立門別中学校 卒業
2011(平成23)年4月 国立苫小牧工業高等専門学校情報工学科(22期) 入学
2016(平成28)年3月 国立苫小牧工業高等専門学校情報工学科(22期) 卒業
2016(平成28)年4月 北海道大学工学部情報エレクトロニクス学科情報理工学コース 3年次編入
2018(平成30)年3月 北海道大学工学部情報エレクトロニクス学科情報理工学コース 卒業
2018(平成30)年4月 北海道大学大学院情報科学研究科情報理工学専攻 入学
2018(平成30)年6月-9月 ATR知能ロボティクス研究所 研修研究員
2019(平成31)年3月-5月 東京藝術大学 Arts&Science LAB. ロボット・パフォーミングアーツ研究グループ インターン生

受賞等

JPHACKS2019 Best Hack Day Award
情報処理学会論文誌ジャーナル 特選論文(第59巻12号)
2018年度未踏IT人材発掘・育成事業「コミュニケーションロボットの会話制御ソフトウェアの開発」
山口正栄記念奨学財団 2018年度奨学生
北大えるむ賞
HAIシンポジウム2017 Outstanding Research Award 優秀論文賞
JPHACKS2017 Best Hack Award,Innovator認定, Bit & Innovation賞, 神戸市賞
IBM Master the Mainframe 2017(メインフレーム・コンテスト) 最優秀賞
苫小牧高専 高専賞
NHK学生ロボコン2015 全国大会出場(ロボット名:XYlert)
第11回キャンパスベンチャーグランプリ北海道 優秀賞(テクノロジー部門) 組込みシステム技術教育支援事業「TECL(テクル)」
情報処理北海道シンポジウム2015 情報処理学会北海道支部技術研究賞

講演・イベント出典等

2019年11月 TEPIA(一般財団法人 高度技術社会推進協会) 大学・高専・スタートアップ発! Meetユニークテクノロジー ラボトーク
2019年10月 日高町立門別中学校 道徳授業講話「先輩から学ぶ」
2019年8月 経済産業省 子どもデー ゲームで学ぶプログラム!-めざせ、未踏の開発者-
イベントのデモ内容
イベントでは,主に種類の異なるロボット同士の会話を作るデモを行っています.
複数台のPCやタブレットからロボットたちに喋らせたい内容を入力してそれをロボットに送信します. すると,ロボットが自分の作成した会話を話してくれます. PCやタブレット,スマートフォンの基本的な操作ができれば,小学生でも10分ほどで会話を作ることができるので親子でも楽しめます. また,特別なプログラミングやロボットの専門知識は一切必要ないため,プログラミング経験のない人でもロボットエンジニアになったような体験ができます.
ワークショップなどのイベント出展依頼は,以下のアドレスまでお気軽にご相談ください.


論文誌

水丸 和樹, 坂本 大介, 小野 哲雄. 複数ロボットの発話の重なりによって創発する空間の知覚. 情報処理学会論文誌, vol.59, no.12, pp.2279-2287. 2018 特選論文

国際会議

Kazuki Mizumaru, Satoru Satake, Takayuki Kanda, Tetsuo Ono. Stop doing it! Approaching Strategy for a Robot to Admonish Pedestrians, The 14th Annual ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction (HRI’19). Best Paper Nominee


国内会議

複数ロボットの発話の重なりによって創発する空間の知覚
HAIシンポジウム2017,G-15
RXマイコンを用いた初心者向けAUTOSAR教材の基礎研究
複雑系マイクロシンポジウム(2016)pp.85-86

組込みシステム教育用マイコンボードを用いた教材の活用事例
情報処理北海道シンポジウム(2015)p.197-198

リアルタイムOSのポーティングに関する研究
2015年度 精密工学会北海道支部 学術講演会 講演論文集 pp.99-100