What is "Projection Science"?  プロジェクション・サイエンスとは?

このページでは,現在,我々が精力的に研究を行っている「プロジェクション・サイエンス」について紹介します.
 人間の認知的なメカニズムの解明とそのモデル化は,人工知能研究の理論的な基盤をなすものである.しかし近年,従来の理論的な認知モデルの限界も明らかとなってきた.そこで我々は,認知科学的視点から「投射」(projection)を中心概念とした新たなモデルを提案し,将来的には現在の人工知能研究と融合させ,知的なシステムの構築に貢献することを目指す. ここで述べた「投射」の概念について簡潔に説明する.人は外界から情報を受け取り,それについての「表象」を作り上げていると考えられる.人の感覚や知覚はこの表象に基づいている.この感覚や知覚は脳という情報処理システム内に生じるのだが,人はこれを情報の提供元の性質と見なす.つまり,ここでは内部表象の世界への投射が起きている.通常はうまく働く投射であるが,様々な歪みも生じる.たとえば,ラバーハンド錯覚,フルボディ錯覚,腹話術効果などの実験室内の様々な現象,統合失調症における幻聴,幻視,失行症に見られる対象定位の不全などに見られる実在しない対象への投射,VR/ARによる臨場感,没入感などは人間の「投射」の豊かな広がりを示している.
 これまでの認知科学や人工知能研究では,この「投射」について研究されることはほとんどなかった.この理由としては投射があまりに当たり前のことであり,その重要性が認識されてこなかったためである.一方,人工知能を含めた情報科学,特にエージェント研究,VR,ARを用いたインタフェース研究では,様々なイノベーティブな装置の開発により,「投射」を自在にコントロールする試みを行ってきた.こうした先端技術を用いて,「投射」という,認識論の根源的な問題に切り込むこと,そしてエージェント,VR,AR研究を飛躍的に発展させ,研究成果を人工知能研究と融合させていくことが可能となるであろう.
まず,これまで開催したオーガナイズドセッションの論文をご参照ください.今後,このページの情報を充実させていきます.
2016年9月16日(金) 日本認知科学会第33回大会 [OS03]
プロジェクション科学の創出を目指して
2017年5月23日(火) 人工知能学会全国大会(第31回)[OS-21]
「プロジェクション科学」の創出と展開 (1)
「プロジェクション科学」の創出と展開 (2)
return to index